home > PlayBackMailのPPAP関連情報

PlayBackMailのPPAP関連情報

2020年11月に平井デジタル改革担当相が霞が関での利用を廃止すると会見したことで注目を集めた、いわゆるPPAP(添付ファイルのZip暗号化運用)に関する問題。このPPAP問題へのPlayBackMail関連情報をご説明します。

  • PPAP問題の現状
    ・今後、PlayBackMailではクラウドストレージサービスを利用した機能追加を予定しています。
  • PlayBackMailのPPAP問題への対応
  • 参考情報
    ・主要なクラウドストレージサービスを利用した手順書を公開しました。

PPAP問題の現状

PPAP問題では以下のような問題がうたわれています。

●誤送信が発覚した時点で、誤送信先にパスワードメールも送付してしまっている可能性がある。
●Zipファイルの暗号強度だと、悪意あるユーザーにパスワードを傍受されない場合でも解読できる可能性が高い。
●モバイルデバイスで添付ファイルzip閲覧ができない。

現在、PPAP問題には以下のような4つの対策が一般的に推奨されています。
※これらの策はPPAP問題の対策であり、メール誤送信防止策ではありません。

① クラウドストレージサービス
※PlayBackMailはクラウドストレージサービスとの連携によるファイル受け渡し機能を検討中です。
② S/MIME
③ IRM(Information Rights Management)
④ グループウェア


ただし、前述した4つの対策には以下のようなデメリットがあるため、現在利用中のPPAP機能の廃止には慎重な検討が必要です。

・メールとファイル送付の運用を別ツールとすることで、送信者側の運用負荷が上がる。
・暗号化強度、盗聴リスクには対策となるが、誤送信については対策とならないものが多い。
・ウィルスチェックはかからないもしくはユーザーでのウィルスチェック依存となる可能性がある。


PlayBackMailのPPAP問題への対応

①添付ファイル暗号化をオフにする

PlayBackMailでは添付ファイルの暗号化オフ設定によりPPAP廃止が可能です。


②添付ファイル暗号化+他の対策との併用

PPAP問題への対応は誤送信対策機能を維持しつつ、バランスのとれた現実策が重要です。
添付ファイル暗号化廃止に替わる対応については、以下の設定でPPAP問題で謳われている各種デメリットに対応できます。


参考情報

クラウドストレージサービスとの併用

クラウドストレージサービスを利用してファイルにアクセスするURLを相手に伝えることで、セキュリティを維持した運用が可能です。
「PlayBackMailのPPAP廃止への対応」の補完として以下の手順を公開しております。

※弊社の製品サポートWebが新しいウィンドウで開きます。ダウンロードにはユーザー登録が必要となります。



今すぐ始めて、実感!30日間無料トライアル
PPAP問題について
カタログ・導入事例のご案内
パッケージ製品のご案内
関連ソリューション
ホッとLook Plusのご案内