home > FAQ > 機能に関するFAQ > パスワードZIPの復号パスワードは乱数で生成しているとのことですが、送信者や宛先に応じて固定パスワードを設定することはできますか。

パスワードZIPの復号パスワードは乱数で生成しているとのことですが、送信者や宛先に応じて固定パスワードを設定することはできますか。

可能です。送信者アドレスと宛先アドレスの完全一致を条件として、パスワードを予め定義した固定値とすることができます。

PlayBackMail Online の「固定パスワード」機能について、管理者の画面にて以下の設定を行います。

1.以下のフォーマットにて、固定パスワードの登録データをCSVファイルとして作成します。

(例)12345@scskminori.co.jp, password, *@xxx.co.jp, 0

・1列目:ユーザー
PlayBackMail Online の利用者(送信者)アドレスを入力します。

・2列目:固定パスワード
1~20文字の範囲で入力します。
利用可能な文字は以下のとおりです。

abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
1234567890 ~!@%^&*-_+=|.<>/?:[]{}`#$()";', (空白は使用できません)

・3列目:宛先
アスタリスク(*)を入れる事で、アドレス単位ではなく、ドメイン単位での指定とすることができます。

・4列目:パスワード自動送信フラグ
    0:OFF/1:ON
宛先へパスワードを自動送信するかどうかを設定します。

2.[システム設定]→[固定パスワード対象指定] の欄にて、[宛先個別で指定] を選択し、当表部分のすぐ下にある [変更] ボタンをクリックし、設定を確定させます。

※もう一つの選択肢 [宛先の組み合わせで指定] の場合
実際に送信いただくメールの宛先が複数あった際にCSVから設定する宛先アドレスと完全に一致した時のみ、固定パスワードが適用されます。

3.[ユーザー管理] タブを開き、[固定パスワード一括追加] エリアのボタン [固定パスワード一括追加画面へ] のボタンをクリックします。

4.画面が表示されたら、[参照] ボタンより、作成した CSVファイルを指定し、取り込みを実行します。

なお、PlayBackMail Online の利用者(送信者)アドレス1つ当たりの、固定パスワード設定数の上限は 999 です。
この上限値の設定は、管理者の[システム設定]画面にて確認、変更可能です。



今すぐ始めて、実感!30日間無料トライアル
PPAP問題について
カタログ・導入事例のご案内
パッケージ製品のご案内
関連ソリューション
ホッとLook Plusのご案内