home >詳細・価格>Office 365利用時における注意事項

Microsoft 365利用時における注意事項

Microsoft 365 / Exchange Onlineをメールシステムとしてご利用の場合、以下の注意事項があります。

1.ご契約ライセンスについて

ご契約ライセンスはPlayBackMailサーバーを通過する、 送信元メールアドレス数になります。

  • 一人のユーザーが複数のメールアカウントを保有している場合や、 メーリングリスト・配布グループ等も別途ライセンスが必要となります。
  • 未登録ユーザーからの送信が確認された場合、 追加ライセンスのご契約をお願いさせていただく場合があります。
  • PlayBackMailの各機能を利用しない場合でも、 PlayBackMailサーバーを通過するメールはライセンス課金対象になります。

2.未登録ドメインからの送信メールの扱いについて

PlayBackMailは未登録ドメインからの送信メールは送信を拒否します。 自ドメイン以外のドメインをPlayBackMail登録ドメインとして利用することはできません。

 

3.PlayBackMailの仕様に関する制限

PlayBackMailは送信メールのエンベロープ Fromの値を参照して、PlayBackMailの機能を有効化するかどうかを判断しています。エンベロープのFrom値がNullで送信される場合、PlayBackMailの各機能はご利用いただけません。

2014年3月現在、Microsoft Exchange Onlineのデフォルト仕様では配布グループ、セキュリティグループ、メールが有効なセキュリティグループからの外部宛のメール送信においてエンベロープのFrom値がNullになることが確認できています。その為、配布グループ、セキュリティグループ、メールが有効なセキュリティグループのいずれかが存在する場合、すべてのグループに対してエンベロープのFrom値がNullにならない設定を実施してください。


設定方法:PowershellにてReportToOriginatorEnabled を Trueへ変更
コマンド実行例:
 Set-DistributionGroup -Identity <グループ名> -ReportToOriginatorEnabled $True


4.内部ドメイン宛・ジャーナルメールに関する制限

内部ドメイン宛のメールは、PlayBackMailに送信しないよう設定してください。また、ジャーナルメールを転送する際はPlayBackMailとは異なる経路を設定してください。

5.メールの送信流量

送信メールの流量制限は以下を目安とさせていただきます。

配送性能: 秒間 1~2通程度 (メッセージサイズ10 KBのメール送信時)
メッセージサイズ最大値: 10MB

本サービスはダイレクトメールの送信など、大量メールの配信には対応しておりません。ダイレクトメールなどの送信時にはPlayBackMailの機能をOFFにして送付いただくか、PlayBackMailの対象外のメールアカウントをご利用ください。

6.Microsoft 365 Message Encryptionに関する注意事項


本機能を利用することによるPlayBackMail Onlineへの影響につきましては、2014年2月現在、検証中となります。
検証結果は本ページへ掲載させていただく予定です。ご不明点等ございましたら、下記アドレスへお問い合わせください。
SCSK Minoriソリューションズ PlayBackMail お問い合わせ先 sales@scskminori.co.jp

 

 

今すぐ始めて、実感!30日間無料トライアル
PPAP問題について
カタログ・導入事例のご案内
パッケージ製品のご案内
関連ソリューション
ホッとLook Plusのご案内